牛乳の賞味期限は開封後と未開封ではどのくらい違うか知っていますか?


私たちの生活に欠かせない牛乳。
カルシウムを手軽に摂ることのできる食品だから、毎朝、欠かさずに飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

でも牛乳は開封後と未開封の状態では、どのくらい持つのだろうと気になったことはありませんか?

確かに牛乳のパックの上部には賞味期限が記載してはあります。

ですがこれはあくまで未開封の状態のもので、開封後はどのくらいまで飲んで良いものかいつも迷んでしまいます。

私と同じようにそもそも賞味期限を過ぎたら飲んではいけないの?ちょっとくらい大丈夫でしょ?

賞味期限を2~3日過ぎたくらいなら飲んだことがある!

という方もいるのではないでしょうか。

そこで、牛乳の賞味期限は開封後と未開封ではどのくらい違う?のか。賞味期限とはいったい何なのかについてご紹介したいと思います!

【スポンサードリンク】

そもそも賞味期限と消費期限の違いは?

食品によって【賞味期限】と記載してあるものと【消費期限】と記載してあるものがありますが、これらはどう違うのでしょうか?
※すべての加工食品(一部除くものもあり)には、賞味期限又は消費期限のどちらかが表示されています。

<賞味期限>
製造元が未開封の状態でおいしく食べられることを保証する期限で、
それを過ぎても品質が保たれている場合もあることを意味します。

<消費期限>
定められた方法で保存した場合において、品質の劣化を伴う衛生上の問題が発生するおそれがないと認められる期限のことです。
この期限を過ぎたら食べない方が良いということを意味します。

では牛乳の賞味期限は未開封と開封後ではどのくらい違う?

牛乳の賞味期限は未開封の状態でおいしく飲める期間を表示しています。
開封後の牛乳だと賞味期限内でも状態によっては、飲めないものもあります。

<未開封>
賞味期限はおいしく飲める期間なので、定められた方法で保存した場合、
開封前であれば賞味期限を過ぎても3日程度過ぎても飲めるといわれています。

<開封後>
牛乳パックを開封してからの賞味期限は2日程度です。
空気中の細菌などがパック内に混入してしまう可能性があるので、開封後はできるだけ早く飲むようにしましょう!

開封後の牛乳はどのような状態で保存すれば良い?

牛乳パックの側面に【10℃以下で保存してください】と記載してあります。

その通り、牛乳は適切な温度で保存する必要があります。

ただ、冷蔵庫の中も場所によって温度が違います。

冷蔵庫のドア周辺は、開けるたびに温度変化が生じるので、よく冷える冷蔵庫の中央に保存することをおすすめします!

【スポンサードリンク】

余った牛乳の活用法!!

やはり飲みきれない場合は、料理に活用するのが1番です!

でも加熱すると、栄養満点な牛乳も栄養素が失われてしまうのではないかと気になりますよね!

しかし、熱を加えることで牛乳の中のたんぱく質が変質はするものの栄養成分は、高温と低温のどちらの場合も変わらないとされています。

スープやグラタン、デザートなどに活用できます!

すぐに料理できない場合は、なんと冷凍することもできます!

冷凍してしまうと解凍してそのまま飲むと薄い牛乳になってしまうので、あまりおすすめはできませんが、こちらも料理に使うと味に変化は感じられずおいしく頂くことができます!

ただし、冷凍する場合は、賞味期限ギリギリは避け、酸化しないように密閉できるジップロックなどをおすすめします。

最後に!

牛乳についてお話してきましたが、いかがでしたか?
何となく気にはしていた牛乳の賞味期限ですが、開封後は意外と早く飲む必要があるんだと感じた方も多いのではないでしょうか。

賞味期限は、未開封の状態での期限ですので、開封後は期限内でも早めに飲むようにしましょう。

牛乳は栄養素の宝庫です!カルシウムの他に、たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなど私たちに欠かせない栄養素がたくさん含まれています。
これらを手軽に、安価に摂取できるのでとても魅力的な食品ですね!

【スポンサードリンク】

The following two tabs change content below.
HAPPY LIFE

HAPPY LIFE

お金や生活に関する情報をお届けしています。 ライフプランに関することから育児や家事についてなど、生活する上で知っておくと便利な情報をご紹介致します!あなたの知りたい!という気持ちのお役に立てれば嬉しいです。

記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 15 =