冬のお宮参り 赤ちゃんの服装おすすめは?選び方のポイントはコレ!


寒い時期に、お宮参りに行かなくてはならないと、赤ちゃんに何を着せたら良いか考えてしまいますね。

お宮参りは、何が何でも1か月後に行かなくてはならないものではありません。

お誕生から100日のお食い初めと一緒に「百日参り」として、お祝いすることもあるのです。

とは言え、どうしても31日~33日に合わせてお参りしたいと考えるなら、準備を怠ると赤ちゃんの体調を崩してしまうので、温かい服装を用意しなければなりません。

そこで今回は、冬のお宮参りに行くときの、赤ちゃんの服装について調べてみました。

【スポンサードリンク】

冬のお宮参りにセレモニードレスは必要?

赤ちゃんが生まれると、できる限りの準備をしてあげたくなるのが親心ですが、セレモニードレスについては、一度、良く考えてみてください。

真冬にお宮参りに行く場合、ほぼすべての時間、おくるみで巻いてしまうのです。

しかも、ドレスは、意外と温かくないものが多かったり、素材が固くて抱きにくかったりします。

そもそも、お宮参りは、氏神様へ赤ちゃんの誕生の報告と、健やかな成長を願うために行くものです。

そこで、赤ちゃんが体調を崩してしまったのでは、本末転倒となってしまいます。

1番に考えるのは、赤ちゃんが心地よく過ごせることですね。

できれば、モコモコとした柔らかくて温かい、2ウェイオールなどを着せていきましょう。

セットで揃える必要もありません。

おくるみは、フリース素材で軽くて温かい物を選ぶと、この先、ベビーカーでのおでかけにも使えて便利です。

帽子や靴下の色も揃えてあげると、お宮参り感も損なうことはありません。

大きな有名な神社で、人がたくさんいたとしても、社殿は大変寒いところです。

綺麗に整えてあげるよりも、本人が寒くないようにすることを考えてあげましょう。

冬のお宮参り 無理は厳禁!絶対ではないことを忘れないで!

神様が、赤ちゃんに無理をさせることを喜ぶわけはないですね。

寒い日に、赤ちゃんを無理に連れて歩かなくてはいけない!なんてことはありません。

日程を決める時に、もう一度、ご夫婦で話し合ってみてください。

産後1か月は、ママの体調も万全ではありません。

ここで、ママが風邪でもひいてしまっては大変です。

産後は、体調を崩すと長引いたり、悪化しやすかったりするのです。

暖かくなってから、お参りした方が、赤ちゃんにとっても気持ち良いお出かけになるかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

お天気によっては予定変更も考えましょう

冬のお宮参りは、その日のお天気も十分に視野に入れて考えましょう

当日、思っていたよりも寒かったり、強風が吹いているような時は、無理に行かず、予定を変更するようにしましょう。

赤ちゃんは、風に当たるだけで、大変驚き、興奮してしまいます。

それが、強い寒風では、ショックを受けてしまいます。

写真スタジオなどでは、和装も洋装も、無料で貸し出しをしてくれるところがありますね。

誕生から1か月後の成長を留めておきたい時は、写真だけ先に撮ってしまうのも、家族の記録として思い出となり、良いのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

The following two tabs change content below.
HAPPY LIFE

HAPPY LIFE

お金や生活に関する情報をお届けしています。 ライフプランに関することから育児や家事についてなど、生活する上で知っておくと便利な情報をご紹介致します!あなたの知りたい!という気持ちのお役に立てれば嬉しいです。

記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =