モラハラ夫との離婚を弁護士に相談しに行ってきた【費用の内訳公開】

ありえない」 て言ってたよ!と教えてくれたのです。

どこの弁護士さんにお願いすればいいのか?

友達が「弁護士さんはお願いした方がいいみたい」ということを教えてくれたので、自分なりにネットで検索してみました。 すると、 弁護士さんからしたら、 「相手が素人だととても簡単に話を進めやすい」 と書いてありました。   そりゃあそうですよね。 にしてもこの書き方なんか腹立つ(笑)   弁護士さんから「こういうものです」なんて言われたら 「そうなのかな?」とか思ってしまいますし、反論できるほどの知識もありませんから 向こうが有利に話を進めるのは目に見えています。   そこで 「向こうの思い通りになってたまるか!」 という思いから弁護士さんに相談してみることにしました。 (ただ結局は弁護士はお願いせずに協議になりましたが、それは後ほど)  

「NPO法人よつば」に電話相談してみた!

さっそく弁護士さんを探しましたが、弁護士事務所もたくさんありすぎてどこがいいのか分からない! 個人載ってる弁護士さんもいっぱいいるしでどうやって選んでいいのかサッパリわかりませんでした。 区でやっている無料相談は曜日が決められたりしているので、パッと相談できる感じではありませんでした。 それにもう離婚すること自体は決まってしまっていたので、そんなに待ってもいられません。 そこで他にまず無料で相談できるところはないかな?と探していたら 「NPO法人よつば」がでてきました。 ↑こちらは相談できる内容です。 相談員の方も、「最近モラハラの相談が増えてます」って言ってました。 そこで、
  • もう離婚することは決まっていること
  • 慰謝料が取れるのかどうか
  • 養育費の相談
  • すべて相手のペースで離婚をすすめられるのが嫌だ
ということを話しました。 「NPO法人よつば」では今までの相談者さんへ紹介した弁護士の口コミや評判などがたくさんあるので、 「相談内容にあった弁護士さんを紹介してくれる」ということでした。  
【スポンサーリンク】

弁護士さんにモラハラ離婚について相談してきた

担当の相談員の方と何度か話、弁護士事務所を紹介してもらいました。 そしてその後、弁護士さんから電話がきて当日に持ってきて欲しいものや相談の日にちなどを決めました。 当日持ってきて欲しいと言われたものは、
  • 大まかな結婚や出産など時系列がわかるもの・メモ
  • モラハラを記録している記録などがあればそれを持参(日記や音声など)
  • 財産(預貯金・保険など)が分かるもの(あれば)
でした。 私は携帯が壊れて昔のラインなどは消えてしまっていたのですが、少しだけ元夫の発言記録を携帯にメモしていたのと、ケンカした時の音声を取っておいていたのでそれを持っていきました。 そして覚えている限りのことを全部パソコンでまとめて書いたものをプリントアウトしました。 音声も大量にあったのですが(ケンカの時間が長いので)、それにもどの音声がなんのケンカの時のものかなど分かるようにしました。 弁護士さんと話している時に娘が泣き出したり暴れ始めたら集中できないと思い、あらかじめ前日から実家に泊まり当日は母に見ていてもらうことにしました。

モラハラを証明するには記録を残しておくこと!

そして当日、弁護士事務所に行く前にNPOの相談員さんに電話して 「弁護士さんにはなるべくこういう風に伝えてくださいね!」などいろいろアドバイスをしてもらいました。 弁護士さん相手だと小さくなってしまう人が多いからでしょうね。   弁護士事務所に着くと2人の弁護士さんと3人で話をする形に。 娘が寝たすきを狙って作った私の今までのモラハラ記録を「どや!」みたいな感じで弁護士さんにお見せし、今まで元夫にどんなことを言われたのかなどをお話しました。 しかし、 「それは本当にひどいですね。ただ、モラハラを実証するのは難しいんです」と。 近年確かに増えてはいるんですが、言った言わないの論争になりやすく難しいみたいです。 なので、大事なのは 「記録や日記をつけていること!!」 プラスで音声もあればなお良し。 発言の記録が残るラインやメールなども残しておくこと。 そうすることで証拠として出しやすいのだとか。   今モラハラで悩んでいる方!今からでも遅くないので日記をつけましょう! 私は携帯に何月何日にどういうことを言われた、物を壊した、などの記録は取っていましたが、すべてではありませんでした。   しかも携帯が壊れてしまっていたので、記録も少し減ってしまっていました。   アナログな日記だと旦那に見られてしまうかもしれない!という方は、必ず携帯に残したとしてもクラウドなどに保存しておいた方がいいと思います。 そうすれば携帯が壊れてしまってもログインすれば見れますからね。 あ、あともし物を壊したりする旦那の場合は壊れた物の写真を撮っておくのも大事だそうです。   そして持ってきて欲しいものの3番目、財産状況が分かるものですが 私は数ヶ月前にケンカした後、これは離婚も近いかもしれないと思いすべての通帳のコピーを取っておきました。 本当は直前のものの方がいいですが、離婚前に使ったり財産を隠してしまう人がいるみたいなので取っておいたほうがいいそうですよ。 うちは離婚の前に少し別居期間があり、その時に向こうが通帳を持っていってしまったのでコピーは取っておいて正解でした。手元にあるのは安心。
【スポンサーリンク】

モラハラに対する慰謝料の相場は?

まず、わたしの場合財産分与に関しては結婚丸3年くらいでしたのでほとんどない感じでした。 慰謝料は、もしDVなどの暴力を受けていたり相手側の不貞行為などがあれば大きくとれる(相手の収入や財産による)そうですが、 わたしの場合は主に言葉によるモラハラと、物を壊す行為で、2回くらいケンカした時にビンタし合ったことはありましたがそれくらい。 DVをされていたとしても200万円くらいの人が多いので、取れて大体150万円〜200万円くらいでしょうとのことでした。 養育費は5万円で考えていましたが、これはまあぁ平均くらいとのこと。   なんか、相手の言いなりになるのではなくこちら側の弁護士さんに相場を聞けたのですごく納得できました。 それに、 「あ〜、争ってもこんなもんなんだな」という目安ができたので、もし向こうがそれよりもいい条件を言ってくるのであれば、むしろ争う必要はないということになります。 親権はわたしが持つということで向こうも納得していますし、あとは慰謝料を取れるかどうかです。 ただちょっと思ったのは、今回わたしが相談した弁護士さんは2人とも男性の方だったんですが なんとなく女性の弁護士さん、なおかつ離婚に強い弁護士さんの方が親身になってくれるんじゃないかな?という気がしました。 わたしが行ったところは確かに2人とも「出来そう!」って感じの弁護士さんだったんですが、 そこの弁護士事務所が医療裁判とか企業の弁護とか大きい仕事をメインでやっている事務所っぽくて なんとなく、わたしみたいな離婚相談なんて小さい仕事なんだろうな〜と思ってしまいました。 でもしっかり話を聞いてくれたり適切なアドバイスを頂けたのでとても感謝しております。  

弁護士費用について

弁護士費用ですが、弁護士事務所やその弁護士さんによって費用は違うと思いますので参考までに。 見積もりがこちら↓ [box04 title=”弁護士費用”] ・着手金 30万円 ・調停・訴訟 +10万円 ・基本報奨金 30万円 ・追加報酬金 16% [/box04] という感じでした。 調停・訴訟の+10万円は、もし協議ではなく調停〜に進んだ場合は着手金の30万円にプラスされるという感じです。 報奨金については、経済的利益に対するパーセンテージになります。 養育費は2年分を経済利益として計算するみたいです。   わたしは結局弁護士さんにお願いしませんでしたが、 かなりの額ですよね(・・;)!!   わたしは相場だけ知って、そのあと自分で交渉したので弁護士費用分は浮かすことができました。 というか、元夫が相談していた弁護士がいつも使っている税理士経由の弁護士であったためどちら側にもつけないという感じだったんです。 なのでむこうは「法的にいくから!」と言ってはいたものの、大した相談は出来ていませんでした。 わたしは別で弁護士に相談していることははっきり言わず(そういう指示でした)、値段の交渉を進めてみたわけです。 もし弁護士さんに相談していなかったら、同じ結果(金額)だったとしても元夫のペースでどんどん決められて納得できていなかったと思います。   なので、離婚について悩んでいる方は無料の弁護士相談を活用する!! もし時間があるなら市や区の相談を利用するのもいいと思います。 とにかく、一度専門家に相談する! これが一番じゃないかなと思います。   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村]]>

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − nine =