ゴーヤの栄養素と効能が凄い!嬉しい美肌効果も!


ゴーヤ料理はお好きですか?

独特な苦味があるゴーヤですが、実は女性のお肌にとても嬉しい栄養素を含む食材なんです。

これから夏に向けて旬を迎えるゴーヤ。

でもいったいゴーヤにはどんな効能があるのでしょうか。

今回は、ゴーヤを食べることで、お肌のためにどんな効果が期待できるのかを詳しくご説明したいと思います。

【スポンサードリンク】

ゴーヤとは?

ウリ科のツルレイシという植物で、完熟する前の状態で食べられる野菜です。

苦味が特徴で、ニガウリと呼ばれることもあります。

もともと全国的にはニガウリという名称が一般的で、ゴーヤは沖縄の方言ですが、今では全国的にゴーヤという名称で販売されています。

沖縄では昔から一般的に食べられている野菜で、ゴーヤーチャンプルーが有名です。

国内の生産量は沖縄と九州がその大半を占めますが、最近では品種改良が進んで全国の一般家庭でも栽培が可能になり、緑のカーテン「グリーンカーテン」として、栽培する人が増えています。

ゴーヤは一年中流通していますが、旬は夏で、栄養価が最も高くなります。

ゴーヤの栄養素と効能

ゴーヤの苦味は、「モモルデシン」という成分によるものですが、このモモデルシンは、弱った胃腸の粘膜を保護してくれるため、夏バテしてしまう暑い季節に食欲を増進させてくれるというとても嬉しい効果があります。

ゴーヤは水分も多く、体を冷やしてくれる野菜ですので、夏の暑い時期にピッタリの野菜と言えます。

また食物繊維が豊富なので、デトックス効果が期待でき、ダイエットやニキビ予防にも向いている野菜です。

さらに、注目すべき点はゴーヤに含まれるビタミンCの量です。

ゴーヤは、トマトやキュウリの5倍の量のビタミンCを取ることが出来ます。

ビタミンCを多く含む野菜や果物の中でもゴーヤのビタミンCの量はかなり上位です。

通常、ビタミンCは熱に弱く、加熱すると壊れてしまいますが、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、加熱して食べてもビタミンCを体内に吸収することが出来ます。

ゴーヤに多く含まれるビタミンCの効能

ゴーヤには、ビタミンCが多く含まれることは説明しましたが、ではそのビタミンCの効能はどういったものなのでしょうか。

ビタミンCの主な効果として以下のことが挙げられます。

  • 免疫力を高める
  • 抗酸化作用がある
  • コラーゲンの生成を助ける
  • メラニン色素の生成を抑える
  • 鉄を吸収しやすくする

以上のような嬉しい効果のあるビタミンCですが、そもそも人間はビタミンCを体内で作り出すことが出来ません。

ですので、食品からこのビタミンCを摂取しなければならないのです。

ビタミンCがお肌にもたらす効果

上で説明したビタミンCの効能の中から、特に女性のお肌に嬉しい効果について、詳しく説明します。

抗酸化作用

人間は体に必要な酸素を取り入れて生活していますが、その一部が酸化力の強い活性酸素となって、私たちの体を錆びさせてしまいます。

これが動脈硬化や、しわ・たるみなどの肌の老化につながってしまいます。

ビタミンCはこの活性酸素を抑える働き=抗酸化作用があります。

コラーゲンの生成を助ける

美肌には欠かせないコラーゲンですが、そのコラーゲンは、鉄とビタミンCによって作られています。

コラーゲンは体のあらゆるところに存在し、細胞と細胞を結びつけるという役割を担います。

このコラーゲンが不足すると、骨がもろくなったり、肌が荒れたりしますので、美肌のためにもコラーゲンを作り出す材料であるビタミンCが大切なのです。

メラニン色素の生成を抑える

ビタミンCは、紫外線を浴びることによって体内で生成されるシミの元=メラニンを抑えてくれる役割があります。

また、ビタミンCはシミが出来るのを予防してくれるだけではなく、すでにできてしまっているシミを薄くする効果もあります。

このようにビタミンCは、お肌のためにもとても効果があるということがわかります。

そのビタミンCを多く含むゴーヤは、お肌のためにとても嬉しい野菜です。

【スポンサードリンク】

効果的な食べ方は

お肌の老化防止や、美肌のために嬉しい野菜であるゴーヤですが、その最も効果的な食べ方はどういったものでしょうか。

ビタミンCはビタミンEと一緒に取ると、老化防止の抗酸化作用が期待できます。

ビタミンEが多く含まれる食品として、ひまわり油や、べにばな油などの植物油が挙げられます。

つまり、このゴーヤを植物油で炒めることによって、より効果的に抗酸化作用、老化防止の作用が得られるのです。

また、ゴーヤを薄く切ることでゴーヤの苦味が抑えられます。

薄く切ってしまうと調理中にビタミンCが流れ出やすくなってしまいますが、どうしてもゴーヤの苦味が苦手な方は、まずはゴーヤを薄くスライスして炒め物にしてみると食べやすくなりますよ。

さいごに

ゴーヤの栄養素や、ゴーヤに多く含まれるビタミンCが肌にもたらす嬉しい効果についてご説明しました。

夏バテが心配な暑い季節にもっとも栄養価が高くなるゴーヤ。

お肌のためにも体のためにもぜひお食事に取り入れてみてください。

【スポンサードリンク】

The following two tabs change content below.
HAPPY LIFE

HAPPY LIFE

お金や生活に関する情報をお届けしています。 ライフプランに関することから育児や家事についてなど、生活する上で知っておくと便利な情報をご紹介致します!あなたの知りたい!という気持ちのお役に立てれば嬉しいです。

記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =