こどもちゃれんじイングリッシュ2年目、単語やフレーズがしゃべれるようになった!

いろいろ幼児用の英語教材はありますが、いったいどれがいいのか?

有名どころの英語教材は高額なものも多いですよね。

そこで、ママ達世代にも馴染み深い、こどもちゃれんじの英語教材はどうなのかな?と一度は気になるママも多いと思います。

今回はこどもちゃれんじイングリッシュを続けているふうじろうさん(29)に実際のところどうなのか?を聞いてみました。

こどもちゃれんじイングリッシュは無理なく続けやすい!

私がぜひおすすめしたい英語知育教材は「こどもちゃれんじ イングリッシュ 」です。

子供が2歳になる歳から始めました。

ちょうどそのときは2歳からの子向けに新しくカリキュラムが開講した時で、それまでは3歳からしか教材はありませんでした。

小さい頃から英語に慣れ親しむことで英語耳を育て、学校での英語の授業がスムーズに楽しくできるように、多少でも英語を理解できるようにと受講しました。

届くのは2ヶ月に1度で年に6回教材が届きます。

これは「こどもちゃれんじ 」を一緒に受講している方でも余裕をもって教材を使うことができるように考えられています。(こどもちゃれんじは1ヶ月に1回教材が届きます。)

毎回、DVD、エデュトイ(知育玩具)、絵本、親さん向けの冊子が届き、まずは冊子を見てエデュトイの使い方や子供への英語のアプローチの仕方を理解します。

その後DVDやエデュトイを使います。

DVDは大体が2部構成で子供が見て楽しむ回と親子で一緒に楽しむ回が収録されています。

DVDは英語もたくさん聞けますが、日本語で解説がされているので見ていて難しく感じることはありません。

また可愛いキャラクターが毎回登場するので親しみを持つことができます。

「こどもちゃれんじ」を受講されている方ならよりしまじろうに親しみを持つことができると思います。

また、DVDには歌やダンスもたくさんあるので体を動かしながら自然と英語を身につけることができます。

親子で一緒に見る回の方は親子で指遊びやタッチ遊びを英語で楽しむことができます。

同じ歌が2回ほど流れるので、まずはDVDのお姉さんたちがやっているのを見て、次に親子で一緒に遊ぶといった感じで楽しむことができます。

また後半には一緒に届いたエデュトイの使い方をキャラクター達が楽しく紹介してくれます。

全部紹介するのではなく、簡単な遊び方の説明があるくらいなのであとは実際に自分で英語を聞きながら楽しく遊ぶことができます。

DVDの最後には次の号の教材のお知らせがあるので子供も次の教材を楽しみに待っています。

【スポンサーリンク】

おもちゃはそこまで多くないしよく考えられている!

次にエデュトイですが、エデュトイも毎号よく考えられた作りになっています。

おもちゃが多くなりがちなお子さんのことを考えて、おもちゃが増えすぎないようにエデュトイは次の号でも使うタイプのものがよくあります。

音楽を楽しむディスクプレーヤーのエデュトイが届いたら次の号にはそのプレーヤーで使う追加のディスクが届く、といった感じです。

そのため2年間受講していますがおもちゃが多くて困ったということはありません。

またサイズもそこまで大きくないのでかさばることはありませんし、小さいから子供が扱いにくいといったこともありません。

エデュトイは音が鳴るものばかりで、英語や英語の歌にたくさん触れ合うことができます。

歌もオリジナル曲やマザーグース(日本の童謡)が多く聴くことができます。

エデュトイでは基本的に1人でも遊ぶことができるのでDVD同様、ちょっとだけ1人で遊んでいて欲しいときなどにも大変助かります。

音声もクセのないネイティブな映画が聞けるのでしっかりとした英語力を身につけることができます。

また小さい子が長く遊べるように壊れにくく安全面もしっかりとしてるので安心して遊べることができます。

英単語やフレーズは理解できる・話せるようになった!

次に英語絵本ですが、絵本は小さい子でも長く使えるように紙が厚くなっています。(年齢が上がるにつれて厚さは変わります)

絵本も可愛らしいタッチの絵が多く、親さん向けにお子さんへの声の掛け方なども書いてあるので英語が話せない親さんでも一緒に楽しむことができます。

またDVDでも出てきた映像が絵本になっています。

こどもちゃれんじイングリッシュは、DVD、エデュトイ、絵本が全て連動しているのです。

そのため小さい子でも理解しやすく、連動効果でしっかりと英語フレーズを身につけることができます。

現在2年近くこちらの教材を使っていますが、教材で出てきた英単語や英語フレーズはだいたい理解できていますし、話すこともできます。

発音もネイティブなので初めは親がわからない単語…なんてこともよくありました。

まだ会話までとはいきませんが楽しく英語に触れ合うことができているので今後も多くの英単語や英語フレーズを覚えてくれると思います。

料金も他の英語教材と比べてお手頃なので一度試してみる価値は十分あります。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − eleven =