今が住宅ローン見直しのチャンス!固定金利の人もぜひ一度見直しを!

巷でよく耳にする住宅ローンを借りるならいまですよ!と言った広告などを銀行などのウィンドーに張られていたりします。

これは一概に間違いではなく、いまの低金利時代で住宅ローンの変動金利など特にネットバンクなどで0.4%と言った変動金利で借り入れが行えるところがあるのも事実として分かります。

しかしながらこれが変動金利でこの未来にどの位上がるのかは不明なのが今のところ固定金利を借りる人がある程度多い要因だと感じます。

それでも固定金利で10年固定の1%と言えば、これも数年前で借りていた人にとっては2.5%ほどで借り入れを行っていた人が借り換えを行えば1.5%もマイナスになり、

例えば3千万円の借り入れを行っていた人であれば、年間で45万円もの金額に差を生み出してくれます。

手数料がかかっても借り換えが得策になる場合も多い

当然借り入れた金額が大きければ大きいほどこの差は広がっていきますので、借り替えるメリットはかなり高そうに感じます。

しかし借り替えのデメリットと言えば当然銀行側も司法書士を付けて抵当権などの移動を行ったりする事務手数料と呼ばれるものが発生します。

これで銀行によっては70万円もかかったりするところもあります。

ですがそれを受けても残りのローンの期間が30年あったりすると当然今のうちに借り替えることが得策にもなります。

こうした金利の状況を踏まえて借り入れを行う選択肢としても、これまでの金利との比較でかなりの差がある家庭では当然月々に2万円から3万円ほどの節約になりますし、そうすればローンの返済のためにお金を貯蓄すると言った事も出来ます。

中々返済に際してボーナスを活用したりする事で減らしたりもしますが、一般家庭の3千万円と言った金額は層管単には減ってくれません。

住宅ローン控除を活用すれば、年末調整で所得税と住民税が還付されることになるので、そこに関していっても住宅ローンを組むメリットはかなり高くなっています。

さらに金利を1%切る金額で借り入れが行えるとなると、その分が住宅ローン控除としてローン残高の1%が返ってくるので当然支払った金利全てが還付される計算にもなります。

その部分で家計も浮かせることとプラスして住宅購入で所得税や住民税を支払う金額をコントロールすることが出来ます。

住宅ローンを見直すメリットはこうした金利を毎月支払った状況からも変動金利か固定金利を選び、どちらがお得となって行くのかまずはそこを踏まえて考えながら節約につなげていく事が重要です。

日本の経済状況など日銀の同行一つで金利も公定歩合の引き上げ引き下げなど経済の状況は変わっていきます。

これまで低金利時代がどのように移り変わるのかはこの先わかりませんが、当面はこの低金利時代を続けていくのだと考えられますし、そうなれば住宅の購入のチャンスの時期はこれらも続いていくのかも知れません。

しかし金利が上がれば当然固定金利にしておいたほうが得だったとなりますし、そこに関してはご自信の心の安定の事からも固定を選ぶ人が多い部分もありあまりギャンブルをする必要もないのかもしれません。

十分に数年前よりも安い金利で固定金利であっても借り入れが行える時代であり、やはりそうした部分で節約にもつながって行きます。

【スポンサーリンク】

住宅ローン見直しで浮いたお金を老後資金にまわそう!

家計の見直しを行う部分では住宅ローンの金利の見直しで借り替えを選択すると当然数万円毎月浮かせることが出来る事となりますが、先の事務手数料の出費は避けられない部分であり、そこを踏まえて数年でチャラに出来る事とあわせてそこから得をすると言った形にもって行く事がとても重要となります。

月々3万円の節約を何の苦労もなく行えるのであれば、やらない手はありません。

そうする事で節約とあわせて貯蓄も行える事となり、当然そうしたお金を老後に貯めていくことで老後の生活に光を見出す事も出来ます。

これからの日本経済もどの様に移り変わっていくのかわかりませんが、一人一人がしっかりと節約の考えを持って生活を送る事が有意義な生活にもつながって行きます。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =