初めてのキャッシュレス決済どれがいい?一番簡単に使えるのはズバリLINEpay!

キャッシュレス決済についてテレビやCMでもたくさん流れていますが、実際に使おうと思ってもなんだか面倒くさい・・と結局後回しにしがちですよね。

しかもキャッシュレス決済といっても種類がたくさんあり過ぎて、どれをやったら一番いいのかが分からない!

そこで今回は、キャッシュレス決済が初めての方のために一番抵抗感なく、すぐに使えるキャッシュレス決済、「LINEpay」について解説したいと思います。

キャッシュレス決済おすすめは「LINEpay」!

私がおすすめるするキャッシュレス決済は、「LINE pay」です。

まず、LINE Payはどういうものかというと、これは、普段私たちが日常的に使っているLINEアプリで決済をする方法です。

具体的な方法は、LINEアプリ内で、お金をチャージし、レジ等での支払い時にバーコードを読み取ることによって決済を完了します。

それでは、私がなぜ「LINE Pay」をお勧めするのかをお話ししましょう。

理由は3つあります。

1、LINEアプリ内で手続き可能

一つ目の理由は、キャッシュレス決済を始める上で、比較的敷居が低いことです。

他のキャッシュレス決済方法では、特定のアプリをAppStoreやGoogle play store等のアプリストアより、一からインストールし、面倒な手続きを経た上でやっと利用ができます。

しかし、私がおすすめする「LINE Pay」は、スマートフォンを持っている人ならば今や誰でもインストールしているLINEアプリ内で手続きをすることができ、

本人確認の手続きも容易にできるため、キャッシュレス決済に抵抗のある人たちにとって、参加のハードルは低いものとなっています。

2、使えるお店が多い

二つ目の理由は、使えるお店がとても多いことです。

現在、「LINE Pay」を使えるお店は、日本全国で100万店を超えており、街中を歩いていればある程度のお店で使うことができます。

しかし、LINE Payが使えないお店も日本にはたくさんあります。

キャッシュレス決済を慎重に検討している人の中には、キャッシュレス決済を使いたくても、使えるお店が限られていて困る、という方も多いのではないでしょうか。

そういう方々に朗報です。

「LINE Pay」にはバーコード決済のほかに「LINE Payカード」という決済方法が存在します。

これは、LINE社が発行している「VISA」や「JCB」ブランドのついたプリペイドカードです。

このカードは、LINEアプリ内で「LINE Pay」にチャージした金額の範囲内で、クレジットカードと同じ決済方法によって決済することができます。

そのため、LINE Payが使えないお店で決済をしたい場合、このカードを使うことによって代金を支払うことができます。

現代社会において、自動販売機などを除く、街の小売店等でクレジットカードが使えないお店はかなり少ないと考えられます。

よって、この「LINE Payカード」と「LINE Pay」を併用すれば、ほぼ全てのお店で決済をすることが可能であると言っても過言ではありません。

【スポンサーリンク】

3、LINEpayへのチャージが簡単

三つ目の理由は、「LINE Pay」へのお金のチャージがとても容易である点です。

LINE Payには主に二つのチャージ方法があり、それは、「コンビニチャージ」と銀行口座チャージ」です。

前者の「コンビニチャージは、Amazon等でコンビニ支払いをする手順といえばわかる人も多いでしょう。

私はこちらはおすすめしません。

私がもっともおすすめする方法は、「銀行口座チャージ」です。

これは、LINE Pay内であらかじめ自分の銀行口座を登録しておくことによって、そこから直接「LINE Pay」側でチャージする金額を指定し、銀行口座内にある金額の限度内でLINE Payに追加する方法です。

この方法は、いつでもどこでも簡単にお金をLINE Payにチャージすることができるため、先に述べた「コンビニチャージ」のようにわざわざコンビニまで行く必要がなく大変便利な機能です。

公共料金の支払いにも対応

また、大きなおすすのポイントとしてはあげませんでしたが、LINE Payは、公共料金の支払いにも対応しており、

電気代や水道代の請求書に記載されているバーコードを読み取ることによって、LINE Pay内にチャージしてあるお金で支払いをすることもできます。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 9 =