骨粗しょう症の症状とは?原因と予防法は?


骨粗しょう症とは60歳以上から診断されるケースが多いですが、ある日突破的に発症するものではありません。

長年の生活の中でじわじわと症状が進行していくのです。

逆に言えば骨粗しょう症の予防法を取り入れて、原因を取り除くことができれば、発症することはありません。

女性は男性よりも3倍かかりやすいので、早い段階から注意したいですね。

今回は骨粗しょう症の症状と、原因、今からできる予防法を紹介します。

【スポンサードリンク】

 

骨粗しょう症の症状は?

骨粗しょう症とは骨の密度が下がってスカスカになる症状です。

進行しても自覚症状が少ないので、骨折して初めて気づくというケースも多くなります。

ただ、骨折も場所によってはほとんど痛みを感じないため、骨折したことすら気づかないことも。

まずは骨粗しょう症で骨折しやすい箇所を見ていきましょう。

骨粗しょう症になると、まず骨折しやすいのは背骨です。

背骨は、首からお尻までに渡る、体を支える重要な部位になります。

目覚めてから寝るまで1日中、力がかかる部分なので、骨粗しょう症でスカスカになっていると、圧力に耐えられず潰れてしまうのです。

・身長が2cm以上縮んだ

・背筋を伸ばせない

・重いものを持つと背中が痛む

背骨を骨折していると、このような症状が出てきます。

また日頃の圧力には耐えられても、尻餅をつくなどの突破的な衝撃で骨折することもあるので、尻餅をついてから体の様子が変わったら注意が必要です。

背骨以外は、転んだり、咳やくしゃみなどの衝撃で簡単に骨折することもあります。

特に腰回りの骨は歩くうえで重要な働きをする部位で、ここを損傷すると、入院や長期間、安静にしなければなりません。

この間に体力や筋肉が落ちて、寝たきりになりやすくなるのです。

 

骨粗しょう症の原因は?

骨は1度できたらそのままというわけではなく、古くなった骨細胞は、新たに作り替えられます。

この働きを骨代謝といい、1年で体のおよそ30%の骨が新しくなると言われています。

骨代謝ではまず、古くなった骨細胞が破壊されてカルシウムに分解された後、血液が吸収し、骨が破壊された部分は新たにカルシウムが付着して、骨が形成されます。

破壊するスピードと、修復するスピードのバランスが適性であれば、骨密度は一定に保たれるので、骨粗しょう症となることはありません。

しかし、加齢や栄養不足などによって、破壊されるスピードに修復するスピードが追いつかなくなることがあるのです。

 

加齢とともに女性には閉経があり、女性ホルモンが減少してきます。

エストロゲンは、女性らしさを作るホルモンですが、他にも骨を破壊するスピードを緩やかにする働きがあります。

つまり、閉経でエストロゲンが減少することによって、骨を破壊するスピードが上昇して、修復が追いつかなくなるため、男性に比べて女性は骨粗しょう症にかかりやすくなります。

 

他にも、カルシウム不足も骨粗しょう症の原因になります。

骨はカルシウムから作られるので、イメージしやすいですね。

血液にもある程度のカルシウムが含まれていないと、骨を分解して血液のカルシウム濃度を保とうとします。

カルシウム不足は骨を作らないだけでなく、骨を破壊するスピードも早めるのです。

【スポンサードリンク】

 

骨粗しょう症の予防法は?

骨粗しょう症を予防するには、食生活を見直すこと。

現代の食事は欧米スタイルが主流で、魚を食べる機会が減っています。

魚などカルシウムを意識した食事を心がけましょう。

合わせてビタミンKやDを摂るようにすると、カルシウムの吸収が促進されます。

ビタミンDはいわしなどの魚に、ビタミンKは納豆やほうれん草などの青い野菜に多く含まれています。

魚や納豆は和食でもおなじみの食品ですので、和食中心の食生活にすると、自然にカルシウムを補いやすくなりますよ。

 

また、運動も骨粗しょう症を予防するには効果的な方法です。

運動すると、衝撃が骨に伝わり骨粗しょう症を悪化させるのでは、と思うかもしれませんが、それは発症してからのケースです。

予防するうえでは、運動による刺激は、逆に骨密度を高める効果があると言われています。

スポーツ選手のような激しい運動は必要なく、軽いウォーキングで十分効果が出てきます。

1日30分ほどを目安に背筋を伸ばすことを意識してウォーキングするのがオススメです。

より効果的に、というのであれば、できれば太陽が出ている時間にウォーキングしてください。

太陽の光を浴びると、体内でビタミンDが作られます。

先ほども触れたようにビタミンDは、カルシウムの吸収を効率的にする働きがあり、必要なカルシウムを確保しやすくなるので、骨粗しょう症の予防に効果的です。

 

骨粗しょう症は1度発症すると、正常な骨密度に戻すのは難しいと言われています。

そのため、若い頃からの予防がとても重要です。

ウォーキングや食生活の改善は骨粗しょう症を予防するだけでなく、他の生活習慣病を予防する効果も期待できるので、ムリをしない範囲で心がけていきたいですね。

【スポンサードリンク】

The following two tabs change content below.
HAPPY LIFE

HAPPY LIFE

お金や生活に関する情報をお届けしています。 ライフプランに関することから育児や家事についてなど、生活する上で知っておくと便利な情報をご紹介致します!あなたの知りたい!という気持ちのお役に立てれば嬉しいです。

記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + one =