保険・ローンの節約や家計の見直しをしたいなら有料ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめ!

我が家は夫婦二人の自営業です。収入はとても低いと思います。

自営業なので、将来の年金も厚生年金が上乗せされないので、基礎年金だけになります。

私自身の保険は若い頃に父が加入していてくれたものを引き継ぎました。(日本の大手の保険会社で、父が付き合いで加入したものです)
主人も結婚前に親が保険に加入していてくれていました。

開業当初は仕事が忙しかったり、子育てが忙しかったりして見直す時間がありませんでしたが、子供が小学校に入学し、なんとなく自営業で得られる収入の目安が見えてきたので、

いよいよ節約をかねて保険や家計の見直しに取り掛かることにしました。

節約のため保険や家計の見直しにかかる!

自分の保険の見直し、主人の保険の見直し、住宅ローンの借り換えなど、なんだかんだ2年以上かかりました。

結果的に、住宅ローンの借り換えでそこそこの大きい新車が一台購入できるほどの金額を節約しました。

保険の見直しに関しては、節約というよりかは、充実した内容に切り替えました。

ファイナンシャルプランナーに相談して裏技的な保険の加入を教えてもらったりして満足のいく内容になりました。

まずは、自分の保険の更新案内が来たことが事のはじまりでした。

父が加入していた、日本の大手保険会社の保険商品でしたが、昔流行った内容で、若い頃の保証はかなり手厚く、60過ぎるとガタッと医療保険の内容が薄くなるものです。

若い頃は十分な内容でしたが、年齢を重ねるにつけ、保証が薄くなるのは健康リスクを考えると安心できません。

案の定保険会社の外交員に「保険を下取りして、最新の内容に切り替えましょう」とおきまりの提案をされました。

ちょうど、リーマンショックの後だったので、景気も悪く、保険の配当もあてにできない最悪の時期、見直すとかえって割りが合わなくなるのが見え見えでした。

主人の保険の内容も、子供ができる前に加入したもので、その後職も変わり、住宅も購入したので、加入した頃とでは生活状況が変わっています。

有料で相談できるファイナンシャルプランナーさんに相談

手っ取り早く、当時流行りだした、「〇〇の窓口」やファイナンシャルプランナーに無料で相談できる「保険の〇ン〇ス」などに相談しましたが、今ひとつ納得できませんでした。

そこで、いろいろ悩んだ挙句、有料で相談できるファイナンシャルプランナーさんに相談することにしました。

「節約するのに、わざわざファイナンシャルプランナーに有料相談するの?」

と思うかもしれませんが、逆に有料だからこそ真の意味で客観的にアドバイスができるのです。

「無料のなんとか」というのは、カラクリがあり、結局マージンや紹介手数料で無料分を補填しているので、無料相談でお勧めされる保険商品は、真の意味で私たちにとって有益な商品ではなく、保険代理店にとって(もしくは、ファイナンシャルプランナーにとって)有益な保険商品だったりします。

有料で家計の相談をするにあたり、かなりの資料を用意して相談にいきました。

過去3年分くらいの家計簿や、保険証券、住宅ローンの支払い計画、事業の収支など、あらゆる角度からアドバイスをいただき、将来のライフプランのシュミレーショングラフまで作ってくれました。

お願いしたファイナンシャルプランナーさんは、1時間で1万円のコンサルタント料金でしたが、トータルで見ると内容の濃いとても満足のできる提案をいただき非常に満足度が高かったです。

【スポンサーリンク】

ファイナンシャルプランナーからの提案内容は裏技がたくさん!

私の保険は父からの保険はを引き継がずに「払い済み」と言う方法にして保険の支払いを終了し、新たに自分の生活状況に合わせた医療保険に加入し直しました。

主人は自営業のため、子供が大きくなるまでの年齢の保証を厚くし、より現実的な内容に見直し、裏技として、「共済をうまく組み合わせる方法」を教えてもらいました。

共済は掛け金は安いですが、年齢とともに保証は薄くなります。ですのであまり現実的ではないのですが、あえてそれをうまく保険と組み合わせることによって、働き盛りの年齢の部分だけ保証を厚くする裏技です。

それと、子供に「がん保険」。

けっこうドキッとすると思いますが、これもまた学資保険に加入していなかった我が家のために提案された裏技でした。

健康見舞金の特約をつけて、5年ごとに見舞金が受け取れるがん保険です。

これによって、ちょうど子供にお金がかかる時に見舞金を受け取れ、がん保険の掛け金も格安ですみます。

これらはきっと有料のファイナンシャルプランナーだからこそできる節約アイディアだと思いました。

みなさんもぜひ、将来に備えて節約しながら家計の見直ししてみてはいかがしょうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 12 =