乾燥肌で毎年粉吹き肌になる人必見!改善方法を伝授!


肌が乾燥し、粉吹き肌になると見た目はもちろん、化粧ノリも悪くピリピリと痛みがあったり大変ですよね。

乾燥肌はそのままにしてしまうと敏感肌になる恐れもあるので、適切なケア方法で対処していきましょう。

今回は、肌が乾燥して粉吹き肌に悩まされている方へ改善方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

乾燥肌で粉吹き肌になる原因とは?

肌が乾燥すると、肌の表面の角質が剥がれてめくれ上ることが原因で粉吹き肌になります。

正常な肌は、新しい細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが働くことで、古くなった細胞が排出され、強い新しい細胞が内側から出てくるのですが、

  • 間違ったスキンケア
  • 空気の乾燥
  • 温度変化
  • 大気汚染
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足

などによってターンオーバーが乱れてしまうと、細胞が未完成のままの状態で外に出てきてしまいます。

すると、粉吹き肌が悪化すると角質層が分厚くなったり、肌のバリア機能が弱まり敏感肌となるアレルゲンの進入を防げなかったりといろいろな肌トラブルを招いてしまいます。

粉吹き肌を改善する方法

粉吹き肌は、乾燥肌が原因です。

なので、乾燥肌の改善が粉吹き肌の改善に繋がります。

乾燥肌は、肌を清潔にして潤いを与えることで健やかな肌を取り戻すことができます。

その他にも、食生活や生活習慣の見直しをすることも肌を正常な状態に戻すことには大切です。

それでは、粉吹き肌になる乾燥肌の改善方法を見ていきましょう。

肌を清潔にしよう

空気中には目で確認することが難しい小さなホコリや花粉、PM2.5などが舞っていて、それらが肌に付着します。

そして、毛穴から排出される汗や皮脂などの老廃物も肌に溜まるので、洗顔時にはたっぷりのきめ細かな泡で優しくしっかりと洗い落とすようにしましょう。

力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと、肌に傷がつく場合があります。

また乾燥して粉が吹いている場合は、刺激の強い成分が含まれている洗顔料だとピリピリとしみたり、赤みが出たり悪化してしまう可能性もあるので、弱酸性や敏感肌用などのものを使うことをおすすめします。

すすぐ際は、ぬるま湯で洗い流しましょう。

熱すぎるお湯は、肌の潤いを奪ってしまい、余計に乾燥して粉が吹いてしまう原因になります。

肌をしっかり潤そう

化粧水・美容液・乳液やクリームは、保湿効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが配合されたものを選びましょう。

化粧水から美容液、クリームも塗ってるけど乾燥肌が治らない!という方は、使用しているスキンケア商品の保湿力が弱い場合もあります。なるべく保湿力の高いものに変えましょう。

スキンケアの際は、一工程ずつ優しくハンドプレスをして、肌にしっかりと吸収させましょう。

食生活と生活習慣を見直し、ストレスを軽減させよう

多忙で食事がファストフードやコンビニで済ませてしまう場合が多い人や、睡眠時間が少ないと、肌に必要なビタミンやミネラルが不足し、睡眠不足だと肌のターンオーバーが乱れがちになります。

またダイエットなのでサラダばかり食べていたり、オイルを抜いている人も乾燥しやすくなります。

タンパク質もしっかり摂ると乾燥肌が改善しやすくなります。

バランスの良い食事と十分な睡眠が健やかな肌に導いてくれますが、難しい場合は、サプリメントを活用したり、肌のゴールデンタイムとも呼ばれている22時から2時の間にはなるべく寝ているように心がけましょう。

また、ストレスはホルモンバランスを崩す原因になります。

ホルモンバランスが崩れるとヒアルロン酸やコラーゲンが肌で生成されなくなり、結果、乾燥肌になってしまいます。

温度変化や空気乾燥による肌の乾燥の対策をしよう

季節の変わり目は特に肌トラブルが多いと思われます。

気温の変化は肌も敏感に捉えます。

  • 春は朝晩の気温の差が激しく、花粉や黄砂などの汚れが肌に付きやすい
  • 夏は一年のうちで1番強い紫外線や高気温と強い乾燥
  • 秋は夏に浴びた紫外線の影響が出始め、肌のバリア機能が乱れ、弱った肌が秋の乾燥で追い込まれる
  • 冬は暖房による乾燥と湿度の低下で肌の水分が奪われる

と季節によって状況は変わりますが、どれもスキンケアと食・生活習慣で未然に防ぐことが可能です。

肌をしっかりと作ってあげることで、季節が変わっても肌トラブルを起こしにくくします。

なので、

  • 肌を清潔にし、保湿ケアをする
  • バランスの良い食生活を心がける
  • 睡眠をしっかりととる

と言ったことに気をつけましょう。

【スポンサーリンク】

粉吹き肌が悪化するとどうなる?

粉吹き肌は、肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質が上手に剥がれ落ちずにめくれ上がっている状態です。

その角質を無理に剥がそうとすると、痛みを伴うのはもちろん、出血の恐れがあります。

また、ターンオーバーが乱れていると、未熟な細胞が肌の表面に押し出されてくるので、外部刺激を防ぐ肌のバリア機能が低下しています。

なので、敏感肌になる可能性のある細菌やアレルゲンが入り込む可能性も考えられます

乾燥肌の粉吹き肌は、肌のターンオーバーの正常化も非常に重要です。

そして、乾燥肌や粉吹き肌になっている場合は、普段のスキンケア商品が合わなくなることもあると思いますが、その場合は刺激の少ないオーガニックや敏感肌用のものをつかうようにしましょう。


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =