「子の氏の変更許可申立書」立川支部への送り方・必要書類とかかった日数は?

離婚してからもう3週間、ちょっと遅くなったのですが「子の氏の変更許可申立書」の手続きをしました。

ネットとかで色々調べると

「郵送は時間がかかる」と書いてあるのを見たので、最初は「直接行って出してこよう!」と思っていました。

なので、都下に引っ越しは終わっていたのですが、東京地方裁判所立川支部に行かなくてはならなくなるなと思って住所を変えないままにしていたのです。

(子の住所地の家庭裁判所に提出するため、23区は東京裁判所(霞ヶ関)でそっちの方が行きやすいと思った)

でも住所を変えないでいると保育園の申し込みも遅れるしで、やっぱりなにかと不便。

そこでやっぱり郵送の手続きにしよう!住所を変えよう!と重い腰を持ち上げたところ、

「郵送手続きめちゃ簡単じゃん!」

ってことに気づきました😅(遅っ)

【スポンサーリンク】

子の氏の変更許可申立書を送る時に必要な物

まずネットで調べたのですが、裁判所のホームページがなかなか分かりにくかったので「電話して聞いた方が早いな」と思って立川支部に電話してみました。

【必要な物】

  • 子の氏の変更許可申立書(ダウンロードOK)
  • 子の戸籍謄本
  • 父の戸籍謄本(子と一緒だったら一部でOK)
  • 母の戸籍謄本
  • 収入印紙(申立書に貼るところがあります)
  • 切手82円を3枚、10円を3枚

です。

ネットの情報ではダウンロードのものはダメな裁判所もあると書いてありましたが、立川支部ではダウンロードのものでOKとのことでした。

戸籍謄本ですが、必ず離婚の記載があるものを送ってください。
注意する点としてはこれくらい。

収入印紙はコンビニや郵便局で買えます。

子供1人につき収入印紙は800円かかります。

ちなみに切手は82円3枚と10円3枚を同封しましたが、返信用で必要なかったものは返却してくれます。

私は82円1枚だけ使ってあとは戻ってきました。

【スポンサーリンク】

郵送手続きでかかった日数は?

 

平成最後で離婚手続きする人も多いのかな?なんて思って3週間くらいはかかるかもしれないと覚悟していました。

が、しかし

なんと!

たった5日で申し立て許可の通知が届きました!!

めちゃくちゃ早い!!

ネットには多めの日数を書いているのかもしれませんね。

忙しい時はそのくらいかかるのかもしれませんけど。

こんなに早く返信がくるならもっと早く郵送手続きしとけばよかった!

なんかネットで見てもよく分からないし、引っ越しもしなきゃで少し後回しにしていましたが、やってみたらめちゃくちゃ簡単でした。

まとめ

「子の氏の変更許可申立書」は郵送でするべし!

子供がいるのにわざわざ裁判所まで行く必要なし!

裁判所おんホームページだったり解説しているサイトを見るとなんだか難しそうに見えますが、全然そんなことはありません。

「必要書類が揃ってないと時間がかかることが〜」

とか書いてますけど、事前に裁判所に電話して聞けばだいたいOK!

裁判所っていうとちょっと身構えてしまいますが、電話してみたら普通の区役所みたいな感じで、聞けばいろいろ教えてくれます。

許可書がきたら今度は役所で「入籍」の手続きをしないといけません。

私の場合、裁判所は早く返信をくれたのですが、ゴールデンウィーク期間に入ってしまいその手続きはゴールデンウィーク開けです。。

早く娘の名前を私の名字にしたいのにな〜。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 2 =