コンタクトが目の裏に消えた!放置しても大丈夫?取り方を解説します!


コンタクトが消えた! 目の裏側に入っちゃったのかもしれない、どうしよう!と慌ててしまうことありますよね。

でも大丈夫です!目の構造上、コンタクトは目の裏側には行っていませんのでご安心ください。

では、どこに行ってしまったのでしょうか。

今回は、消えたコンタクトをそのまま放置して大丈夫なのか、取るためにはどうしたら良いのか、などについて調べてみました。

【スポンサーリンク】

コンタクトは目の裏に消える?

目の構造上、裏側に何かが入り込むと言うことは、考えられません。

瞼の裏側と、眼球は、「結膜のう」と言う、袋状になっていて、遺物は入り込めないようになっています。

自転車に乗っていて、目に虫が入って裏側に消えた、などと言うこともなく、開けたら何十匹も虫が出てきた、なんて言うホラーな事も起こらないのです。

ひとまず安心しましたが、ではコンタクトレンズはどこへ消えたのでしょうか?

消えたコンタクトを探そう!放置はダメ?


やわらかいコンタクトレンズは、目の中で折たたまってしまうことがあります。

もともと小さいコンタクトレンズですが、2つ折り、4つ折りとさらに小さくなり、見つかりにくくなってしまいます。

まず、最初にするのは、目薬を使って出てくるか試してみましょう。

一番くっつきやすいのは、瞼の裏なので、目薬をたっぷりとさしたら、瞼の上からマッサージしてみます。

十分に目の中が潤うと、出てくる可能性が高いです。

瞼を上に引っ張って、鏡を顔の下の方に持ち、目を剥くようにすると、上の方にチラリと見えるかもしれません。

そうしたら、瞼の上から逃げないように抑え、眼球を動かして、真ん中に戻します。

取れない場合は、無理に取るのはやめましょう。

眼球を直接さわるのも、傷がついたり、ばい菌が入る可能性があるので、いけません。

取れない時や、見つからない時は、病院で診てもらいましょう。

見つからないからと言って放置すると、汚れが溜まって感染症を起こす可能性がありますので、中にあるか無いかを、必ず診てもらいます。

また、何年も入りっぱなしだったと言う例もあり、その場合、コンタクトレンズの回りを、細胞が包み込んでしまい、肉芽腫となっていたという事もあるのです。

【スポンサーリンク】

チラリと見えたコンタクトレンズを取るにはどうしたらいい?

結膜のうは、それほど奥まで深いものではありませんが、コンタクトレンズは、優に隠してしまいます。

探す時は、上を探す時は、眼球を下向きに、下を探す時は、上の方を見ながら、と、探す方と反対を見るようにして探します。

左右も同じです。

結膜のうを一番浅い状態にして、探すということですね。

見つけたら、瞼の上から抑えます。

目の中に指や綿棒を突っ込むと、傷の原因となります。

ばい菌が入ると、結膜炎などを起こしますので、止めましょう。

コンタクトレンズを、逃げないように抑えて、眼球を持っていき、黒目に乗せるようにして、真ん中に戻します。

でも、なかなか上手く行かないのが普通です。

目の中に有るのがわかったら、眼科で取りだしてもらうのが一番です。

緊急事態とまでは言いませんが、早いうちに病院へ行きましょう。


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =