美容院代の節約は「回数を減らす」ではなく「カットモデル」がおすすめ!

美容院代の節約は「回数を減らす」ではなく「カットモデル」がおすすめ!

日々貯金にはげんでいても、どうしても節約しにくいのが「美容院代」ですよね。

特に女性はボサボサでいたくない!節約してても綺麗でいたい!と思うもの。

よくあるのは美容院に行く頻度、回数を減らして節約!というものです。

ですがそうするとやっぱり髪がのびのびになってしまったりして、節約自体が嫌になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、「カットモデル」なんです!

カットモデルと聞いて、「街でキレイな人に声かけてるやつでしょ?」と思いますよね?

実は自分でもカットモデルに応募できるんです!

【スポンサーリンク】

美容院代の節約は「回数を減らす」ではなく「カットモデル」がおすすめ!

ヘアカットって、結構定期的にお金がかかりますよね。

でも、カットモデルになれば、美容院で無料でカットしてもらえるんです。

美容師になるには、専門学校を卒業した後、美容院に採用されて働くことになりますが、すぐにお客さんの髪を切ることはできないんですね。

まずは、カットモデルになってくれた人のシャンプーやカットを経験して、経験値を上げてからお金を取ってお客さんの髪を切るようになります。

なので、その練習期間中は無料で切ってもらえるんです!

昔は、大きな駅のロータリーなどで声をかけてカットモデルを募っていたらしく、声をかけてもらわない限りはカットモデルになれなかったのですが、

今は、minimo等のアプリで、カットモデル募集中の美容師さんを検索することができます。

カットモデルで検索したり、カットしてもらいたい駅を入れて検索すると、たくさんの募集が出てきますので、その中から自分に都合の良い条件の人に応募することができます。

大抵、営業後の20時頃からや、あるいは平日の朝などの空いている時間にカットしてもらえることが多いです。

練習中の人に切ってもらったりしたら、変な髪形になって、結局また別の美容院で直してもらう必要があるんじゃないかと不安に思う人もいらっしゃるかもしれません。

でも、基本的にカットモデル練習中は、ベテランの先輩や店長がずっと近くにいて、おかしいところがあったら指摘したり、手直ししてくれるので、大丈夫です。

私も実際、技術が必要そうなショートカットにしたこともありますが、有料でカットした時と遜色なく、上手に切ってもらえました。

カットしている間は、雑誌を用意してくれたり、おしゃべりしてくれたり、本当に普通のカットと同じ対応をしてくれます。

美容師さんによっては、カットモデルに応募できるのは1回のみという場合もありますが、新しい美容師さんはどんどん登録されるので、応募できるところがない!という事態にはほとんどならないと思います。

私は、5年ほど前から2カ月に1回くらい利用しているので、1回につき約3千円×年6回×5年間で、約9万円の節約になっています。ちりも積もれば山となるですね。

またカットだけではなく、カラーやパーマも無料でやってくれるところもあります。その場合、1回につき1万円以上かかると思うので、年間約6万円の節約です!

カットされる側は節約できるし、美容師さんにとっては練習ができて良い経験になるし、Win-winの関係ですね。

良いことづくめのカットモデルですが、難点として、先輩や店長による指導が入りながらのカットになるので、普通のカットよりも少し時間がかかることがあげられます。

ただし、普通のカットだと複数のお客さんを同時に対応したりもしますが、そういうことが全くなく、ずっと一人の人がかかりきりで対応してくれるので、単に待たされているような時間はありません。

時間がもったいないと思う方は、本を持っていく等すると良いと思います。

髪形にすごくこだわりがある方などは、気に入った美容師さんにお願いする方が良いかもしれませんが、もしそんなにこだわりがない方であれば、私のようにカットモデルでお金を節約してその分貯金に回したり、時々美味しい物を食べに行ったりするのはいかがでしょうか?

自分にとって節約しても良いと思えるところは節約して、お金を掛けたいと思うところはお金をかけるといったように、メリハリをつければ、節約がどんどん楽しくなっていくと思います。

カットモデルによる節約、ぜひ試してみてください。


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



美容院代の節約は「回数を減らす」ではなく「カットモデル」がおすすめ!

記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − eleven =