砂糖は体にいい?てんさい糖ときび砂糖の効果


砂糖と聞くとやはり体に悪いイメージがあります。

ですが、お料理など普段口にするものには多くの砂糖が使われています。

白砂糖から黒砂糖、てんさい砂糖にきび砂糖など砂糖には沢山の種類があります。

全ての砂糖が体に悪いという訳ではありません。

特にてんさい砂糖ときび砂糖は体に良い効果があると言われています。

今回はこのてんさい糖ときび砂糖の効果についてまとめてみました!

【スポンサーリンク】

てんさい砂糖の効果

てんさい砂糖と他の砂糖の違いはご存知でしょうか。

ある、砂糖のほとんどの種類がさとうきびが原料で作られています。

てんさい砂糖は砂糖大根が原料で作られている砂糖になります。

この原料の違いが効果の違いに出るそうです。

熱帯の植物であるさとうきびは体を冷やす効果がありますが、寒冷地で獲れる砂糖大根を原料にしているてんさい砂糖は体を温める作用があるそうです。

又、てんさい砂糖には多くのオリゴ糖が含まれているため腸にいるビフィズス菌を活発にしてくれる効果があります。

つまりてんさい砂糖はお腹に優しい砂糖というわけです。

他にも、てんさい砂糖は精製されていないためゆっくりと消化され血糖値の上下が緩慢になるそうです。

てんさい砂糖は普段のお料理に簡単に使えますので、砂糖を変えてみるのも良いかもしれません。

きび砂糖の効果

では、きび砂糖にはどんな効果があるのでしょうか。

 

きび砂糖はさとうきびから作られていますが精製はされていません。

そしてコクのある甘みが特徴の砂糖でもあります。

てんさい砂糖ではどうしても甘みが足りないため満足いかないという方は、きび砂糖をお勧めします。

精製されていないきび砂糖はミネラルやカルシウムが豊富で体に優しいのが特徴です。

ミネラルの部分だけみればきび砂糖はとても優れている砂糖でもあります。

又、精製されていないと吸収が緩やかになるためダイエットをしている女性にはお勧めの砂糖でもあります。

多くの女性が抱えている便秘なども精製されていない砂糖を食べることで良くなる効果があるとされています

【スポンサーリンク】

砂糖を選ぶときのコツ

普段お砂糖を選ぶときはどうしていますか?

大体は白砂糖を買う方が多いかと思います。

ですが、白砂糖よりも体に良くなおかつ甘みの上手さが増す砂糖な沢山あります。

てんさい砂糖は砂糖の中でも、唯一砂糖大根から作られている砂糖です。

最近は砂糖大根から作られた上白糖とグラニュー糖などもでているそうです。

砂糖は全部同じと思っていた方は原料に注目してみてください。

精製されているかどうかも重要です。

少しの違いで体には大きく効果が異なってきます。

あまり体に良くないと言われる砂糖だからこそ、気をつけて選ぶのが大事かと思います。

てんさい砂糖やきび砂糖は普段のお料理に置き換えも出来ます。

レシピも検索するとすぐに出てきすので試してみてくださいね。


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



記事が役に立ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − four =